読みもの 一覧

読みもの

「つゆしゃぶ ちりり」その歩みを振り返る

ひょうたんやの「つゆしゃぶ ちりり」が誕生したのは今から約20年前の2003年。当時は、豚肉メインの鍋料理ではなく、会席料理や海鮮鍋が主流で毎日が満席状態であった。「つゆしゃぶ ちりり」の誕生は、あ...

読みもの

「ひょうたんや」創業秘話

「ひょうたんや」創業者の先代中嶋泰蔵は、軍靴の音が近づく第二次大戦前夜、当時日本最高峰の料理人のみが集う、大阪「南地 大和屋」の料理人であった。 妻正江(初代女将)も大阪天王寺動物園の...

読みもの

ひょうたんやの「大恩人」太川陽介さん

どの事業をやっている方にも「転機」といえる出来事があるかと思います。ひょうたんやにおいて、その一つが俳優 太川陽介さんとの出会いでした。初めての出会いは2004年。近江牛の番組作りのために、某番組プ...

読みもの

つゆしゃぶちりりとは?

人気の秘密は秘伝のつゆにあり つゆしゃぶとは、0.8ミリの薄切りの豚肉をお湯に通し、白ネギ、柚子唐辛子をいれたひょうたんや特製五段仕込みの和風のつゆで食していただく新しい料理です。 薄く...

読みもの

こだわりの近江牛

こだわりの近江牛 ひょうたんやの近江牛は、日本食肉格付協会が定める枝肉格付の中でも、最高級A-4以上(最大A-5まで)の格付けにこだわっています。 ひょうたんやは、認定「近江牛」指定店に...

近江牛

読みもの

日本最古のブランド和牛、近江牛の歴史と今

肉食がタブーだった江戸時代、彦根藩から献上された養生薬は牛肉だった 日本最古のブランド和牛である近江牛。その歴史をさかのぼれば1687年に、近江国(滋賀県)の彦根藩で味噌漬けにされた彦根牛――...